レストランフランチャイズ専門サイト -愛されストラン- » フランチャイズレストランオーナーになるための解説書 » フランチャイズレストランの運用で発生するロイヤリティと相場とは?

フランチャイズレストランの運用で発生するロイヤリティと相場とは?

飲食店のロイヤリティは、一般的に売上金の3~5%が相場となっています。 ここでは、ロイヤリティの基本情報から仕組みまでを説明しています。

費用参考:運営会社であるZenken株式会社の調査によるもの

ロイヤリティとは?

フランチャイズに加盟する際には、加盟金とは別にロイヤリティが発生します。ロイヤリティとは権利使用料のことで、ブランドや商品を使用したり、ノウハウを指導してもらったりする際に必要なお金を指しています。

ロイヤリティの算出方法

ロイヤリティの算出方法は、加盟するフランチャイズによって異なります。算出方法によって得られる利益が変わるので注意しましょう。

売上歩合方式

一般的な算出方法は売上歩合方式で、売上高に対して一定の割合を乗じて算出します。ロイヤリティはフランチャイズによってピンキリとなっているので、検討の際はロイヤリティも確認しましょう。

定額方式

定額方式は、ロイヤリティが予め月々◯万円と定められています。売上高によってロイヤリティが変動しないので、売上を伸ばした分だけオーナーの収入が増えます。定額方式は固定客がつくまでの間は大変ですが、売上が安定した後は支払い額が抑えられるでしょう。

店舗ごとに決められているケースもあれば、1席あたり定額で定められているケースもあるので、開業前に設定を確認しておきましょう。

売上総利益方式

売上総利益方式は、粗利益に廃棄商品額と棚卸ロス商品額を加えて、一定割の割合を乗じる算出方法です。ただ、飲食店ではあまり用いられない方式となっています。

市場変化に影響されない飲食店は
レストランフランチャイズがおすすめ

コロナ禍はもちろん、落ち着いた後も物価・人件費高騰により、飲食店業界は大きな影響を受けています。近年、テイクアウト店や専門店など、比較的低価格でオペレーションが簡単なフランチャイズが流行りですが、市場の変化に影響されず、長く愛される飲食店にしたいなら、ぜひレストランフランチャイズを検討してみてください

本サイトでは、激しい市場変化の中でも業績を伸ばしているレストランフランチャイズ本部を紹介。その中から、自社の事業計画に合わせてフランチャイズ本部を選択できるようにしていますので、ぜひ参考にしてみてくだい。

レストランフランチャイズの魅力や
おすすめのフランチャイズ本部を見る

売上拡大中のレストランFC3社を見る
売上拡大中のレストランFC3社を見る