レストランフランチャイズ専門サイト -愛されストラン- » フランチャイズレストランオーナーになるための解説書 » 直営店とフランチャイズの違いとは?

直営店とフランチャイズの違いとは?

ここでは、直営店とフランチャイズの違いについて解説していきます。フランチャイズに加盟するうえで、直営店とフランチャイズの違いがいまいちピンと来ない方は、それぞれの違いをよく理解したうえで開業を検討しましょう。

直営店:ブランド店舗が自身で立ち上げた店舗

直営店とは、企業が直接運営している店舗のことです。企業としては自社ブランドを自社社員が運営しているため、品質がぶれる心配がなく、手の届く範囲で経営を続けられます。企業ではなく個人が直接経営している店は個人経営店と呼ばれていますが、自分で直接商品を届ける販売スタイルとなるため直営店にあたります。

直営店のメリット

直営店は企業側のメリットが大きく、思った通りに経営でき、一つひとつのお店の利益をそのまま企業全体の利益にできる点が魅力です。お店の業績が思わしくなくても、企業全体で利益が出ていれば簡単につぶれることは少ないでしょう。制限は多く感じますが、ある程度守られた中で店舗を経営していけます。

直営店のデメリット

直営店のデメリットは思い描いている独立開業とは違う開業スタイルになりがちなことです。要はチェーン店の多店舗展開の店長になる、というものなので、自分のお店として開業してすべて工夫して経営していける訳ではありません。直営店で展開して店舗のコンセプトや経営を浸透させたい企業側を考えると、自由度も低いでしょう。

フランチャイズ:契約を結んだ他社が経営する店舗

フランチャイズチェーン店とは、他企業が展開するブランドを、契約を結んで利用させてもらうスタイルを指しています。ブランド名からオペレーションシステム、メニューに至るまで使用の許可を得て、ノウハウを指導してもらいます。ブランドの看板を背負って店舗を経営できるため集客力がアップ。効率的な運営を実現できます。

フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリットは、効率化されたシステムで開業できる点があげられます。未経験者でも開業できる体制が整っているので参入しやすいでしょう。あくまでフランチャイズ本部はパートナーとして開業を支援してくれる存在なので、開業した店舗は自分の工夫と知恵で大きくしていく感覚が持てます。また、既に成功モデルがあるため、ゼロから開業するよりも低リスクで始められるのが魅力です。

フランチャイズのデメリット

フランチャイズのデメリットは、加盟金やロイヤリティといった資金がかかる点です。本部も儲けられなければ事業が成り立たなくなってしまうため、ブランドを使用する権利を売ることで利益を出しています。直営店に比べて定期的にかかる費用が多い傾向にあるため、予め予想しながら経営を進める必要が出てくるでしょう。

市場変化に影響されない飲食店は
レストランフランチャイズがおすすめ

コロナ禍はもちろん、落ち着いた後も物価・人件費高騰により、飲食店業界は大きな影響を受けています。近年、テイクアウト店や専門店など、オペレーションが簡単なフランチャイズが流行りですが、市場の変化に影響されず、長く愛される飲食店にしたいなら、ぜひレストランフランチャイズを検討してみてください。

本サイトでは、激しい市場変化の中でも業績を伸ばしているレストランフランチャイズ本部を紹介。その中から、自社の事業計画に合わせてフランチャイズ本部を選択できるようにしていますので、ぜひ参考にしてみてくだい。

レストランフランチャイズの魅力や
おすすめのフランチャイズ本部を見る

売上拡大中のレストランFC3社を見る
売上拡大中のレストランFC3社を見る