レストランフランチャイズ専門サイト -愛されストラン- » 国別おすすめレストランFC » ブラジル料理のフランチャイズレストラン

ブラジル料理のフランチャイズレストラン

ブラジル料理のイメージ

画像引用元:シャッターストック(https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/top-down-view-various-home-made-376983814)

ブラジル料理は、日本でも好んで食されており、ブラジル料理を専門とする店も多数あります。中でも、シュラスコはブラジル料理の代表として日本でも多く見かけるでしょう。

他にも、カレーみたいな味わいで人気のムケッカ、ブラジルの国民食であるフェイジョアーダ、ブラジルのおふくろの味として知られるハバーダなど、注目の料理はまだまだたくさんあります。

ブラジル料理全般を扱う店、シュラスコ専門店などブラジル料理といっても何を提供するか、さまざまな種類があります。

ブラジル料理の収益性は?

ブラジル料理のフランチャイズのメリット

ブラジル料理店を経営しようとすると、料理への知識と調理の経験は必要不可欠です。フランチャイズではなく自分で一から始める場合、ブラジルまで行って現地で修業する必要があるでしょう。現地まで行かないとしても、しっかりと自分で知識と技術を身に付ける必要があります。

一方、フランチャイズであれば、レシピがあらかじめ決まっている場合が多く、そのレシピ通りに作ればおいしいブラジル料理が提供できるでしょう。

自分で一から修業する必要がなく、すぐに開店が可能です。また、自分で食材の仕入れ先を探す手間もかかりません。フランチャイズなら、ネットワークを生かして必要な食材が手ごろな価格で手に入る点もメリットです。

ブラジル料理のフランチャイズのデメリット

ブラジル料理のフランチャイズのデメリットは、チェーン店の認知度によって、売り上げが大きく左右されることです。ブラジル料理は日本でも根強い人気があるものの、それほどメジャーな料理ではありません。出店する地域によっては人が集まらない可能性もあるでしょう。

また、ブラジル料理に関してあまり知識がない状態で開店すると、本場で食べた味を求めて来店したお客様に納得してもらえません。それでは、お客様の足が遠のいて経営難に陥る可能性もあります。フランチャイズとはいっても、オーナーがきちんとブラジル料理を理解し、味にもこだわることが大切です。

市場変化に影響されないレストランフランチャイズを検討するなら

フランチャイズは、チェーン店として開業できるメリットがたくさんあるものの、オーナーとしての自覚が足りないと経営が傾いてしまいます。フランチャイズでブラジル料理店を始める前に、需要の高まりやランニングコスト、店を出す立地などを踏まえて出店を検討しましょう。

当サイトでは、激しい市場変化の中でも業績を伸ばしているレストランフランチャイズ本部を紹介しています。その中から、事業計画に合ったフランチャイズ本部を選択できるようにしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラジル料理の主なフランチャイズ

2024年5月8日時点、Google検索にて「ブラジル料理 フランチャイズ」と検索し表示された、ブラジル料理を提供している店舗を紹介します。

ALEGRIA(アレグリア)のフランチャイズの特徴

ALEGRIA(アレグリア)は、シュラスコレストランとして人気の店です。ビールメーカー・POSレジ、シュラスコマシーン、シュラスコの仕入れは本部指定となっており、確かなクオリティのままフランチャイズビジネスが行える点が特徴です。

また、シュラスコの仕入れのみを本部指定品としたライセンス契約もあり、より自由な経営がしたいという方にもおすすめです。

ALEGRIA(アレグリア)の初期費用

加盟金 3,300,000円(税込)
ロイヤリティ 要問合せ
保証金 2,200,000円(税込)

ゴストーゾのフランチャイズの特徴

ゴストーゾは、本格炭火シュラスコを提供する店です。炭火の使用を特徴としています。ハイクオリティな肉を仕入れて、特製のソースを使用し、他の店では真似できない特別な味を提供。

高い営業利益を得るためのノウハウも提供し、店の収益が安定して確保できるようにフォローします。

ゴストーゾの初期費用

加盟金 3,300,000円(税込)
ロイヤリティ 売り上げの5%
保証金 1,500,000円(非課税)

他にも比較されている飲食店フランチャイズはこちら

売上拡大中のレストランFC3社を見る
売上拡大中のレストランFC3社を見る