レストランフランチャイズ専門サイト -愛されストラン- » 儲かる飲食店の特徴と国別おすすめレストランFCとは » イタリアンの
フランチャイズレストラン

イタリアンの
フランチャイズレストラン

イタリアンのイメージ

イタリアンの収益性は?

ピザやパスタなどがメインの料理で、ファミリー層から女性客など幅広い年代からの集客が望めるのがイタリアンです。ランチや軽食にはもちろん、夜ご飯や特別な記念日にも選ばれやすいのが魅力。パスタやピザといったイタリアン料理をベースにしながら、ほかの国籍の食材と組み合わせることで、新しいジャンルを確立しているお店もあります。

イタリアンのフランチャイズの
メリット

日常的な食事だけでなく、記念日など特別な日での利用も人気なのがイタリアンです。また、近年はピザの宅配の人気が上昇しており、さまざまな角度からの集客が望めます。フランチャイズの場合は、開業や経営に関するサポートが手厚く受けられますので、個人で開業するよりも安定した経営ができるでしょう。

イタリアンのフランチャイズの
デメリット

これはイタリアンのフランチャイズに限ったことではありませんが、ブランドのイメージやコンセプトがはっきりと決まっている場合が多いので、自分の思い通りの店を持つのは難しいでしょう。また本部の評価がダイレクトに影響しますので、万が一本部でトラブルが発生した場合は、直接関係がなくても売り上げが落ちてしまうなどのリスクが予想されます。

イタリアンの主なフランチャイズ

2023年9月22日時点、Google検索にて「レストラン フランチャイズ」と検索し、表示された54社を調査。イタリアンレストランの表記がある店舗をピックアップしています。

Italian Kitchen VANSANのフランチャイズの特徴

「家族でも気軽に行けるカジュアルイタリアン」をテーマに、ランチ・カフェ・ディナーの三毛作業態によって店舗数を増やしている外食チェーンです。3か月に1回商品開発を行い、メディアで話題になる商品やSNS映えする商品で、着実にリピーターを創出。クラウドITツールで強力に店舗をサポートしています。

VANSANの初期費用

加盟金330万円(税込)
ロイヤリティ5%
保証金100万円

その他、詳細は要問合せ。

参照元:VANSAN(https://www.landingpage-synergy.com/eEr9DK7p/)

VANSAN
のフランチャイズを詳しく見る

BIGOLIのフランチャイズの特徴

「イタリア国外で出されるボロネーゼに、本物・本来のものは存在しない」という言葉をきっかけに、「本来のボロネーゼ」を追求。5年以上かけて作り上げたプレミアムボロネーゼを、メニューライセンス形式で提供しています。フライパンを使用せず、誰でも簡単5分でホテルクオリティの味を完成させることが可能です。

BIGOLIの初期費用

加盟金140万円(税不明)~200万円(税不明)
ロイヤリティなし
保証金なし

その他、詳細は要問合せ。

参照元:BIGOLI(https://bigoli.jp/pages/lisence)

BIGOLI
のフランチャイズを詳しく見る

カプリチョーザのフランチャイズの特徴

カプリチョーザは、カジュアル・イタリアンのフランチャイズチェーン。大阪万博イタリア館のシェフを務めた本多征昭が、満を持して1978年に1号店をオープンさせました。

現在では日本国内と海外に店舗を広げ、年間1,200万人以上が利用するビックチェーンに(2022年5月時点)。44年以上続けてきたブランド力があり、集客効果を期待できます。

カプリチョーザの初期費用

加盟金330万円(税不明)
(2年目以降220万円)
ロイヤリティ6%(4店舗以下)
5%(5~9店舗)
4%(10店舗以上)
保証金55万円

その他、詳細は要問合せ。

カプリチョーザ
のフランチャイズを詳しく見る

ゆであげ生パスタ ポポラマーマのフランチャイズの特徴

ポポラマーマは、関東を中心に全国各地で100店舗※以上のゆであげ生パスタ専門店「ポポラマーマ」を展開しているパスタチェーンです。

「おいしい生パスタをリーズナブルにスピーディーに提供できるお店」を目指し、地域に愛される店づくりをしています。

ゆであげ生パスタ ポポラマーマの初期費用

加盟金330万円(税込)
ロイヤリティ4%+税
保証金100万円

その他、詳細は要問合せ。

ゆであげ生パスタ ポポラマーマ
のフランチャイズを詳しく見る

スパゲッティーのパンチョのフランチャイズの特徴

昔ながらの食材と調理法にこだわる、ナポリタンスパゲッティーの専門店です。ナポリタンに特化することで、高い集客効果を生み出しています。同一価格で小盛りから大盛りまで選べるため、お腹一杯食べたい学生や若年層から年配層まで幅広く集客することが可能です。

スパゲッティーのパンチョの初期費用

加盟金300万円(税不明)
ロイヤリティ5%
保証金100万円

その他、詳細は要問合せ。

参照元:スパゲッティーのパンチョ(https://naporitanpancho.com/fc)

スパゲッティーのパンチョ
のフランチャイズを詳しく見る

市場変化に影響されないレストランフランチャイズを検討するなら

コロナ禍はもちろん、落ち着いた後も物価・人件費高騰により、飲食店業界は大きな影響を受けています。業績悪化に悩まされる飲食店が多い一方、多彩な集客戦略で売上を伸ばし続けている飲食店も存在します。

レストランのフランチャイズを成功させるには、市場変化に応じて柔軟な戦略を立て、事業を拡大し続けられるかがカギ

本サイトでは、激しい市場変化の中でも業績を伸ばしているレストランフランチャイズ本部を紹介。その中から、自社の事業計画に合わせてフランチャイズ本部を選択できるようにしていますので、ぜひ参考にしてみてくだい。

柔軟な戦略で事業拡大し続ける
レストランフランチャイズ3選

他にも比較されている飲食店フランチャイズはこちら

売上拡大中のレストランFC3社を見る
売上拡大中のレストランFC3社を見る