レストランフランチャイズ専門サイト -愛されストラン- » フランチャイズレストランオーナーになるための解説書 » フランチャイズ加盟で発生する加盟金と相場とは?

フランチャイズ加盟で発生する加盟金と相場とは?

レストランのような規模の大きい飲食店フランチャイズの加盟に必要な資金は、おおよそ100~300万円前後です。これは比較的大規模なレストランを想定した金額であり、40~50坪のスケルトン物件を用いた場合の目安になります。 具体的な内訳は以下になります。

費用参考:運営会社であるZenken株式会社の調査によるもの

フランチャイズの加盟金とは?

フランチャイズの加盟金とは、加盟時に本部に支払う費用のことです。加盟金を払い加盟すると、商品やブランドを利用できるほか、運営ノウハウを共有してもらえます。開業時に必要な資金です。

一般的には、ブランド力の高いフランチャイズほど加盟金が高い傾向にあります。数は少ないものの、加盟金0円のブランドもあるようです。

加盟金は返還されない

保証金とは異なり、原則として加盟金は返還されません。ブランドを使用する権利を得るために支払うお金なので、権利を使用した場合には返還を要求するのがかなり難しいといえます。契約書に明記されている場合は返還を要求するのは難しいですが、一方的な事情で事業が中止になった際に返還された事例もあります。

加盟金が初期費用を抑える1つの指標になる

フランチャイズに加盟して飲食店を開業するためには、加盟金だけでなく物件の取得費や研修費など、ほかにもさまざまなイニシャルコストがかかります。しかし、傾向として加盟金が高いフランチャイズほどブランド力を持っているため、加盟金が初期費用を抑えられるブランドを見つけるための一つの指標となります

できるだけ開業資金を抑えたい場合、加盟金の安いブランドを中心に確認するのがおすすめです。加盟を決める際は、加盟金だけでないイニシャルコストや、ロイヤリティといったランニングコストを考慮して、長期的な視点で選びましょう。ブランドに期待できる集客力やランニングコストを踏まえたうえで、持続成長が可能なブランドで開業を検討しましょう。

市場変化に影響されない飲食店は
レストランフランチャイズがおすすめ

コロナ禍はもちろん、落ち着いた後も物価・人件費高騰により、飲食店業界は大きな影響を受けています。近年、テイクアウト店や専門店など、比較的低価格でオペレーションが簡単なフランチャイズが流行りですが、市場の変化に影響されず、長く愛される飲食店にしたいなら、ぜひレストランフランチャイズを検討してみてください

本サイトでは、激しい市場変化の中でも業績を伸ばしているレストランフランチャイズ本部を紹介。その中から、自社の事業計画に合わせてフランチャイズ本部を選択できるようにしていますので、ぜひ参考にしてみてくだい。

レストランフランチャイズの魅力や
おすすめのフランチャイズ本部を見る

売上拡大中のレストランFC3社を見る
売上拡大中のレストランFC3社を見る